日焼けに美白クリーム

日焼けした!!美白クリームを塗るのはNG!?



日焼けは美白の天敵!日焼け対策は徹底しているという女性も多いと思います。
一度日焼けしてしまうとシミやソバカスもできやすくなり、肌荒れの原因にもなってしまいます。
もちろんしっかりケアしておけば予防・改善できますが、それでも毎日のように対策をしなければならないのでちょっと面倒ではありますよね。

日に焼けるたびにどんどん黒くなるのを何とかしたい!
日焼けした肌を元に戻したい!
そう思っている女性の皆さんは普段、どのような方法で日焼け肌のケアをしていますか?
相殺効果を期待して日焼けしたところに美白クリームを塗るという方もいますが、実はこの方法は大変危険でむしろ肌荒れを悪化させてしまう原因になってしまうんです。どうして危険なのか?
日焼け肌の改善にはどのようなクリームやジェルが効果的なのか?色々と調べてみました。

日焼けした肌は刺激に敏感な状態

日焼けした肌は熱を持っていたり、ヒリヒリしたりしますよね。これは文字通り「お肌が焼けている(軽度の火傷)」ので、日焼けした直後のお肌は普段よりも敏感でデリケートな状態になっているんです。
火照っているのであれば、まずは冷水シャワーや氷水で冷やしてあげる事が大切なんです。これ以上黒くなりたくないからと急いで美容液や美白クリームを塗るのは止めましょう。


日焼けしたところに美白クリームは症状が悪化する場合も





普段のお肌よりも敏感でデリケートな状態になっている日焼け肌を、少しでも白くしようと「美白クリーム」を塗ってしまうと症状が悪化してしまう場合があります。というのも美白クリームにはお肌を白くするために欠かせない「ハイドロキノン」や
「ビタミンC誘導体」などが含まれている事が多く、紫外線のダメージがまだ残る日焼け肌に使用してしまうと肌の強い刺激になってしまう事があるんですね。色素沈着、メラニン生成は肌への刺激で悪化してしまう事も多いので、日焼けしたところに
無理矢理美白クリームは使わない方が良いと思います。色素沈着やメラニン生成が進んでしまうとお肌がどんどんくすみ、より黒くなってしまうので気をつけてくださいね。

日焼けした肌を元に戻すにはどうすれば良い?

日焼けした肌はとても敏感な状態。
では、日焼けはどのようにして解消すれば良いのでしょうか。

日焼けした肌は美白クリームではなく保湿クリームを!



日焼けしたお肌はデリケート、さらに水分が奪われて「乾燥」している状態になっています。乾燥しているからデリケートな状態になっているという事ですね。なので日焼け肌の正しいケア方法は「保湿」!美白するよりも何よりも先に保湿クリーム
などできちんとお肌を保湿してあげる事が大切なのです。ステップとしてはまず先に冷水シャワーや氷水で日焼けしたところを冷やし、火照りが落ち着いてきたら保湿クリームでしっかり「保湿」。美白ケアはその後に行うのがベストです。
日焼け後はお肌だけでなく体の中の水分も不足しているので、ミネラルウォーターやスポーツドリンクでこまめに水分補給するようにしましょう。


ターンオーバーで日焼けした肌を外に排出しよう





日焼けによってお肌が黒くなるのは、日焼けした時にメラニンを多く含んだ皮膚が肌のターンオーバーにより表面に出てきてしまうためなんです。こんなにお肌が黒くなってしまうと元通りにならないのでは?と心配になる方もいると思いますが、実は黒くなったお肌(皮膚組織)は肌のターンオーバー、つまり皮膚の生まれ変わりにより外に排出することができちゃうんです。
肌のターンオーバーに注目して作られた美白化粧品は通販でも取り扱っているので一度チェックしてみると良いですよ。

 

サイトマップ