リペアジェルの成分について

リペアジェルに配合されている成分の数からわかる安全性

リペアジェルの全成分はなんとたったの5種類だけ。美容成分100%です。


ほかの美容液は、わけのわからない成分がたくさん含まれていますよね。
その点リペアジェルは、少ない成分で作られているので、肌にとても優しくて他の美容液よりも安全性が高いといって良いでしょう。
そんなリペアジェルですが、この5種類の成分には、具体的にどういった効果があるのでしょうか。
一つづつ見てみましょう!

「梅宮アンナ」「あびる優」も大絶賛!モンドセレクションを受賞したリペアジェルの購入はこちら

リペアジェルの目玉成分はコレ!

リペアジェルの目玉といっても良い成分はこの2種類です。
具体的にこれらの成分はどんな役割を持っているのか解説します。

ビタミンC生命体




リペアジェルの成分の一つであるビタミンC生命体とは、化学的な物質を使わずに、100%植物由来で作られた成分の一つです。
通常ビタミンCは、とてもに壊れやすいため長期的に肌に送ることができません。


そこで開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。
このビタミンC誘導体は、ビタミンCの欠点であった「壊れやすい」という問題を見事に解決した成分でした。
ですが一方で、ビタミンC誘導体は純粋なビタミンCではなく、化学的に合成された「まやかしのビタミンC」で、純粋なビタミンCよりも効果が弱い特徴があります。


そこで化粧品会社リソウによって開発されたのが「ビタミンC生命体」です。
これは、ビタミンC誘導体のように化学的に加工された「まやかしのビタミンC」ではなく、純粋なビタミンCです。


本来壊れやすいビタミンCを、生命体技術によってビタミンC誘導体と似たような効果が得られるようになりました。
リペアジェルの成分であるビタミンC生命体は加工された成分でないため、誘導体のように効果が弱くなることもありません。

米発酵生命体




リペアジェルにはもう一つ生命体技術を使った成分が含まれています。
それが「米発酵生命体」です。
聞きなれない名前ですが「アミノ酸」と言えばわかりますでしょうか。


アミノ酸は、コラーゲンの原料でもあり、生きていく上で絶対に欠かすことのできない成分の一つです。
コラーゲンは、肌のハリや弾力を作る成分でもあります。
このコラーゲンの原料を生命体技術によって、直接肌に届けられるようにしたのが「米発酵生命体」です。


脱線しますが、実はコラーゲンは直接とっても、一度アミノ酸に分解されてしまうんですよ!
体の中でアミノ酸を使って、再びコラーゲンを構築してるんです。

リペアジェルのその他の成分

カンゾウ根エキス




こちらも化粧品に詳しい方は知っていると思います。
カンゾウ根エキスは、炎症を抑えたり、シミの原因である「メラニン」の生成を抑える効果があります。
特に、メラニンの生成を抑える効果は、美白効果が高いとされる「ビタミンC」の270倍とも言われています。
なので、最近では歯のホワイトニングとして、歯磨き粉にも使われていたり、美白を目指す化粧品にもよく見かけたりもします。

植物由来の成分でもあるので、危険性はほとんどありません。

グルコシルヘスペリジン




この成分は柑橘類に含まれる「ビタミンP」の仲間です。
もちろん植物由来の成分です。
効果としては、血行を良くしたり、くすみ・くまといった肌トラブルを改善する効果があります。
そのため、ビタミンCやカンゾウ根エキスとは違った角度から美白を目指す成分でもありますね。

こちらも、完全植物由来なので、危険性は低い成分です。

グリセリン


グリセリンは化粧品のほとんどに含まれている成分です。
効果は、肌の保湿です。
特に、コラーゲンと組み合わせて使用すると伸びが良くなり、より効果が上がると言われています。
リペアジェルには、米発酵生命体という形で、コラーゲンの原料を肌に届けるため、より高い効果が期待できるといっても良いでしょう。

また、グリセリンは、ほとんどの動植物に含まれており、植物由来の成分でもあります。
危険性は低いと言ってよいでしょう。




今なら限定75%OFF!8000円→1980円

リペアジェルの口コミは悪い?購入前に確認!


 

サイトマップ